色数で変わるプリンタのラインナップ

エプソンのインクジェットプリンタは写真印刷が得意なのはこれまでもお話ししましたが、その特徴の一つとして他のメーカー、キヤノン、ブラザーと全く違う点があります。それはインクの色数でプリンタのシリーズが分かれるという点です。とてもおもしろいですね。
エプソンプリンターのカラリオは4色と6色の色数のプリンタがあります。4色は全ての色が顔料インクを使用しています。6色の方は黒も含めてすべての色が染料インクを使用しています。プリンタの値段から言うと4色の方が安めです。見た目も安っぽい作りです。プリンタの型番で見ると「PX-」となっていますのですぐにわかります。EPSON カラリオ PX-045Aで今だと5687円、PX-048Aだと6300円です。プリンタ価格が安いので魅力的なのですが、その分壊れやすいです。顔料インクだということもあり、自動クリーニング頻繁にされ、それだけ廃インクタンクエラーも起きやすくなります。エプソンでは長く使ってもらうプリンタではなく、しばらく使ったら買い替えてもらう考えだと思われます。